ゆるふわ刑法ブログ

かぽーんと刑法を考えるブログです。司法試験の過去問解説とか、基本書の紹介とかやってます。たまにリアル社会のことも考えます。論の展開が粗いのと読みにくいフォントは仕様。

刑法

詐欺罪と重要事項性〜特にチケット転売行為について

こんにちは〜 本日のテーマは、詐欺罪(刑法246条)の「欺罔行為」です。約1年ぶりに刑法分野の論点です(刑法ブログだけど)。 どうでもいいんですけれど、この業界、他人の悪口を言う人(というか無駄にプライド高い人)が異常に多いので、関係者の発言は…

具体的な事案の想像って難しいよね

はじめてミディエイターをやってみて心が折れそうになっている今日のこの頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか? 人間の感情というのはたいへん厄介なもので、自分が合理的に考えてこれがよいと思っても当事者からすると望んでいないということが多々あります…

表をつくろう!――放火罪と賄賂罪を例に

◆「表」をつくる目的 こんにちは~ 本日のテーマは「表」です。たまに教科書・基本書に表が掲載されていたりしますが、実は、その表には大きく分けて2種類あります。 ひとつは「検索のため」に使われる場合の表です。表を辞書的に活用することが想定されて…

罪数論と刑訴法(概観)

こんにちは~ 本日は、前回の余波で、「罪数論」に(つま先だけ)突入します。罪数論と刑事訴訟法とがどうつながっているのか、ほんの少しだけつっこんでみます(つま先を)。 とりあえず司法試験刑事系第1問の採点実感では罪責検討の最後に罪数を落とさな…

公職選挙法と選挙運動のラビリンス

こんにちは~ 本日の学習テーマは、「公職選挙法」(昭28法100)です。 公選法違反の犯罪構成要件を一覧にしてざっくり解説しようと思ったのですが、諦めました。数が多すぎたからです。しかも、体系と呼べるほどの体系がなく、何の脈絡もなく大量の規定が置…

生命倫理と死生観とついでに幽霊

◆「生命倫理」のイメージ こんにちは~ 本日のテーマは、「生命倫理」です。 「生命倫理」というと、日本人の持つイメージは、外国の方が思い浮かべるのとちょっとずれる気がします。文献を読んでいても、そのあたりについてイマイチ話がかみ合っていない気…

自己責任と社会的責任

◆「自己責任」? こんにちは~ 本日のテーマは、「責任」です。 日本人によくみられる言説として、「その人が周りに迷惑をかけたのだからその人が責任を負うべきだ」というものがあります。また、誰かが不利益を受けると「それは自己責任だからしかたない。…

新論点「共謀の射程」

こんにちは~ 今回は、久しぶりに刑法のお話です(※本ブログは刑法専門のブログ)。テーマは「共謀の射程」です。 ある学生から、「共謀の射程」や「共犯の錯誤と部分的犯罪共同説の関係」を裁判官や若手弁護士に質問したところ、どちらからもまともな回答が…

「被害者なき犯罪」と道徳・社会倫理規範

◆何が問題となっているのか こんにちは~ 本日のテーマは、いわゆる「被害者なき犯罪」です。 個別具体的・直接的な被害者(法益主体)のいない風俗犯や経済犯などの犯罪類型を、「被害者なき犯罪/被害者のない犯罪」と総称することがあります。たとえば、…

『刑法実践演習』の感想

ここでいったん書籍紹介です。 なかなか面白い「判例付演習書」が出てきたので、紹介してみます。 刑法実践演習 作者: 甲斐克則,内山良雄,小田直樹,小名木明宏,神例康博,北川佳世子,島岡まな,杉本一敏,十河太朗,二本?誠,日山恵美,渡邊卓也 出版社/メーカー: …

「論証パターン」の作り方

こんにちは~ 今回のテーマは「論証パターンの作り方」です。ええ、「論証パターン」です。 法学は暗記の学問(というのがあるのか?)ではありませんが、「試験においては」暗記必須です。その場で条文を読んでイチから自分の頭で考えて解答すべき……なわけ…

危険の現実化のあてはめ(解説編)

こんにちは~ かなり暑くなってきましたね。最近になってカプチーノを自作できるようになったのですが、暑くなってしまったのでこんどは美味しいフローズンをどうやって作るか考えているところです。季節的に、突如雨が降ってきたりして、なかなか天候の変化…

危険の現実化のあてはめ(問題編)

こんにちは~ 本日は「危険の現実化のあてはめ」がテーマです。もう因果関係の問題は十分な気がするのですが、教えていると、まだまだ私の能力不足でわかってもらえていないみたいなので、ここで「補講」です。 繰り返しになりますが、因果関係論には深入り…

絶望の共犯論

こんにちは~ 過失犯後編で詰んだので、今回は共犯論です(え 一応、言い訳をしておきますと、過失犯は判例がわりと固まっている分野なので、新旧過失論の対立を扱っても深く踏み込む実益をあまり感じませんし、かといって予見可能性の程度や過失の標準の問…

リスク社会と過失犯(前編)

こんにちは~ 今回のテーマは「過失犯」です。 結論から申し上げますと、現在の判例・実務(と司法試験)においては、過失として「予見可能性に基づく結果回避義務の違反」の有無を検討すればよいことになっています。予見義務や結果回避可能性は、少なくと…

司法試験「採点実感等に関する意見」のまとめ(平成26年度版)各論編

こんにちは~ 刑法総論編に続きまして、今回は、後編の「刑法各論」の事案分析についてです。 考査委員からは「総論に比較して各論の問題点について的確に論述する能力が欠けているのではないか」との感想が寄せられています(H24・26頁)。また、「答案を…

司法試験「採点実感等に関する意見」のまとめ(平成26年度版)総論編

◆「採点実感等に関する意見」について こんにちは~ 今回は、司法試験の話です。 現行の司法試験制度では「出題趣旨」とは別に「採点実感等に関する意見」(以下、「採点実感」)なるものが公表されています。平成27年3月24日現在で、平成20年から26年までの…

マインド・コントロールと間接正犯(後編)

今回は、間接正犯の後編です(→前編)。間接正犯論は壮絶に難解です…。けっこうハードなので、がんばっていきましょう~ ◆学説と判例 前回は、「マインド・コントロール」を刑法理論に取り込んでみることを試みましたが、ここで一度、間接正犯の一般論を簡単…

マインド・コントロールと間接正犯(前編)

こんにちは~ 花粉症がつらい季節になってきました…。何か効果的な対策はないものでしょうか… ◆マインド・コントロールと刑事事件 本日のテーマは、「マインド・コントロールと間接正犯」です。 ある検察官の話では、被害者などの事件関係者の様子が明らかに…

刑法は何のためにあるのかクイズ

こんにちは~ 本日のテーマは「刑法は何のためにあるのかクイズ」です。刑法の存在理由や刑罰論をまじめに考えると、どこまでも果てしなく深いので、今回は、現在の学説等の状況について考えるために簡単なクイズ形式にしてみました。3問だけです。全問正解…

承継的共同正犯(後編)

ようやく承継共の後編です…あいだがかなりあいてしまた、、(→前編) ◆判例の展開 前編の内容を簡単にまとめると、本件の被告人は、被害者が一定程度暴行された後に共謀し、暴行に加担したということで、このような場合にも傷害の結果すべてが帰責されるのか…

裁判員裁判と死刑判決

こんにちは~ 今回は、最近の判例をフォローしておきたいと思います。テーマは「裁判員裁判と死刑判決」です。第1審の裁判員裁判で死刑判決が下された事案を最高裁がひっくり返したのです。 あまり刺激的な時事問題を扱いたくはないのですが、刑法ブログと…

承継的共同正犯(前編)

こんにちは~ お久しぶりです。あけましておめでとうございます(真剣にネタ切れでした)。 今回は「承継的共同正犯」がテーマです。 起案等では承継的共同正犯を肯定する見解で論証をしていた方もいらっしゃるかと思いますが、平成24年判例が出てきましたの…

204条の「傷害」

こんにちは~ クリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか? 私はそれどころではありませんでしたが… ◆◆◆ 今回のテーマは刑法204条の「傷害」についてです。答案等では、「傷害とは、人の生理的機能を障害すること」と書く人が大多数です。この書き方自体は…

特殊詐欺

こんにちは~ お気に入りの手袋をなくして悲しんでいるところです…(TT) 手袋とかマフラーってけっこう電車に置き忘れたりしますので、みなさんもどうぞお気を付けください… さて、今回のテーマは、「特殊詐欺」です。「特殊」というからには、普通の詐欺とは…

行為規範と制裁規範

※最終更新:2016年4月10日 こんにちは~ 今回のテーマは、「行為規範と制裁規範」です。難しい議論ですが、どうもこれらの概念を知りたいという需要があるみたいなので、がんばって解説してみたいと思います。 行為規範と制裁規範の各概念の説明は、必然的に…

法人税法164条1項(後編)

◆何が問題となっているのか 前回は、本事案では、①被告人Bの脱税の指示(の有無)、②Bが設立した被告会社Aも法人税法164条1項(いわゆる両罰規定)により刑事責任を負うのかという点が問題になっているということを指摘しました。仮に直接行為者である社…

法人税法164条1項(前編)

こんにちは~ 本日は、法人に関する処罰の話です。刑法典は自然人を念頭に置いて記述されていますが、現行法では特別の規定により法人を処罰することもできるのです。この分野はかなり重要であるにもかかわらず、経営や会計が絡んでくるので、多くの刑法学者…

アメリカにおける正当防衛の考え方(後編)

こんにちは~ この記事は、アメリカの正当防衛論の後編です(→前編)。 ◆思いっきり余談 実をいうと、私は、はじめにアメリカ法をアメリカ人の教授から英語で学んだので、日本語訳はあとから知りました。Consideration を「約因」と訳しているのも最近知った…

アメリカにおける正当防衛の考え方(前編)

こんにちは~ 今回は、わりと時事的なテーマを扱います。テーマは「アメリカにおける正当防衛の考え方」です。時事的なテーマですが、政治的な問題を避けるため、ここではあえて時事的要素を出さずに、刑法理論として考えてみたいと思います。 ◆諸注意 先に…

このブログの目次

※2016年1月31日更新 主要な記事に限って、目次をつくってみました。ブログ内の記事を探す場合には、参考にしてください。基本的に、前編が学説のまとめ、後編が判例のまとめになっています(意識して書き分けていないので、そうなっていないものもあります)…

正当防衛と自招侵害2

こんにちは~ 前回に続いて、今回も自招侵害がテーマです。ただ、自招侵害の問題は難しすぎです…(TT) 解説ができない… ◆判例の展開(つづき) (1) 「侵害の急迫性」の問題? では、決定文を読んでみましょう。 本件の公訴事実は,被告人の前記〔…〕行為を傷…

正当防衛と自招侵害

こんにちは~ 本当に本当に寒くなってきました…(TT) 防寒対策に気を付けてくださいね~ ◆何が問題となっているのか 今回のテーマは「自招侵害」です。論点名は聞いたことがあるとは思いますが、どこの要件の問題だと考えているでしょうか? 感覚的には「自分…

刑法各論と構成要件要素

◆何が問題となっているのか こんにちは~ 今回は、刑法各論の観点からの構成要件要素の把握の仕方をテーマにします。 構成要件要素とは、簡単に言えば、条文に記載された犯罪の成立要件を構成する要素のことです。刑法総論では、行為、結果、因果関係、故意…

司法試験「採点実感等に関する意見」のまとめ(刑法平成20~25年)後編

※加筆・修正しました。2014/11/29 前編(総説)および中編(刑法総論)に続きまして、今回は後編の「刑法各論」の事案分析(と知識)についてです。前編で書きましたが、考査委員からは「総論に比較して各論の問題点について的確に論述する能力が欠けている…

司法試験「採点実感等に関する意見」のまとめ(刑法平成20~25年)中編

◆事案分析で陥りやすいミス 前編で書きましたように、採点実感を読む限り、試験委員から問題点として最も指摘されているのは「事案分析」の能力の欠如です。ここで言っている「事案分析能力」とは、「事実関係を的確に分析・評価し、具体的事実に法規範を適…

司法試験「採点実感等に関する意見」のまとめ(刑法平成20~25年)前編

◆「採点実感等に関する意見」について こんにちは~ 今回は、司法試験のお話です。現行の司法試験制度では「出題趣旨」とは別に「採点実感等に関する意見」(以下、「採点実感」)なるものが公表されています。平成26年11月26日現在で、平成20年から25年のま…

故意と具体的事実の錯誤2

◆学説の対立 前回は、具体的事実の錯誤の問題は、故意(の内容)の抽象化の問題であり、認識した結果と現実に発生した結果との食い違いがどこまで許容されるかが問題となっているということを説明しました。これについて、現在では「構成要件の範囲内の錯誤…

故意と具体的事実の錯誤

こんにちは~ 今回のテーマは錯誤論です。錯誤論をあっさりと考えてしまう人は多いのですが、犯罪の成否に大きく影響するので重要なテーマといえます。また、罪数処理も含めると、実は非常に難解です。 実務的には、錯誤論ではなく罪数論の絶妙な加減によっ…

未遂犯と「実行に着手」2

※2015年3月3日 追記 ◆判例の展開(つづき) (1) 前回の内容のまとめ 前回は、クロロホルム事件(最決平成16年3月22日刑集58巻3号187頁)の事実関係と決定文を見ました。そこで、判例はこの事案において、①密接性と②危険性の2つを要件として、第1行為の時点…

未遂犯と「実行に着手」

こんにちは~(ガクブル) どんどん冷え込んできましたねー(TT) 寒いのつらいです…(キーボード打つのが) ◆何が問題となっているのか 余談はさておき、今回のテーマは「未遂犯」です。論証的には「未遂犯の処罰根拠は法益侵害の現実的危険性を惹起したこと…

因果関係と客観的帰属2

◆判例の展開 前回は、判例の立場における因果関係の問題とは、結果の発生を理由として行為により重い違法評価を肯定できるかどうかの問題であると説明しました。したがって、因果関係論においては、結果の発生による行為の危険性の確証の関係、すなわち「危…

因果関係と客観的帰属

こんにちは~ 今日のテーマは、因果関係論です。 ◆何が問題となっているのか 行為、結果と並んで、因果関係は刑法総論における客観的構成要件要素のひとつです。ですが、因果関係の話に入る前に、そもそも犯罪において、なぜ「結果が」要求されるのかを考え…

いわゆる不真正不作為犯

こんにちは~ 今回は、刑法の解釈論の話に戻りまして、不作為犯を扱うことにします。 ◆何が問題となっているのか いわゆる不真正不作為犯の問題は、「実行行為」という構成要件要素の問題として位置付けられてきました。現在では、このような位置づけといい…

刑罰の起源

こんにちは~ 本日のテーマは、「刑罰の起源」です。考古学や人類学、人文思想等を飛び回ることで、かなりの分野を横断することになります。こういうのを一度やってみたかったんですよね~(学会じゃとても発表できません) ◆ロックアートと制裁 刑罰の起源…

刑法解釈と他者関係性

こんにちは~ 本日は、規範論のところで説明した「構造言語学(記号学)」を使った刑法解釈手法をご紹介したいと思います。この前の記事は、だいぶ大雑把で抽象的だったので、けっこうわかりにくかったかもしれません。そこで今回は、図解を多用しつつ、基本…

主観的違法要素

こんにちは~ まだ風邪が治らなくてつらいです。むしろ、どんどんひどくなってるかんじがします…(TT) 今年の風邪はしつこいですので、みなさんもお気を付けください… 例によって、この記事の位置づけです。 イントロダクション 第1回:モラリズムの排斥 第…

事前判断と事後判断

こんにちは~ タイトルがややこしくなってきたので、ここで一度まとめておきます。 イントロダクション 第1回:モラリズムの排斥 第2回:違法論の理論的根拠 第3回:事前判断と事後判断←この記事 補論1:規範概念 てなわけで、本日は、違法論第3回「事…

結果無価値論 VS 行為無価値論 入門(後編その1)

こんにちは~ 今日は、ようやく違法論の後編です。前編では、現在の結果無価値論と行為無価値論とでは、モラリズムの排斥という点において共通の認識を示しているということを説明しました。両立場とも、法益保護の思想に立脚しているのです。 記事がどうし…

「危険の現実化」の落とし穴

こんにちは~ 今回は、因果関係論のうち「危険の現実化」に焦点を当ててみたいと思います。 この記事を書いた当時、まさかここまで読まれるとは思いもしませんでした。それだけ学生が「危険の現実化」の理解に苦労しているということなのだろうと思います。 …

著作権法に規定される場合を除いて、ブログ内のコンテンツの無断転載等はご遠慮ください。
また、当ブログは法律学習を目的とするものであり、実際に生じた法律問題の解決を目的としておりませんので、法律相談等はお近くの法律事務所までお願いします。記事中において金融商品に関して言及することがありますが、投資・投機等を勧めるものではありません。当ブログに記載された内容またはそれに関連して生じた問題について、当ブログは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
本ブログは、Amazon.co.jpアソシエイトに参加しています。